一人育児に疲れた!限界!そんな状況を乗り切るための5つの方法とは?

「自分の子供が可愛くないの!? もうちょっと手伝ってよ!」

今日も夫と喧嘩になってしまった・・・

 

親きょうだいは近くに住んでないし、夫は何度話してもほとんど協力してくれない。

一人育児に本当に疲れた・・・

 

毎日が忙しくて怒涛のように過ぎ、これが永遠に続くのではないかと感じてしまう育児。

周囲の協力をほとんど得られない一人育児は本当に大変ですよね。

 

そこで今回は、「一人育児に疲れた!もう限界!」と感じているママさんのために、何とかして少しでも疲れを和らげ、一人育児を乗り切る方法をお伝えします。

 

もう一人育児に疲れた・・・ママさんの現状

育児はそれだけでも大変なのに、ほとんど周囲に協力してもらえない一人育児となると、その疲れは倍増します。

 

専業主婦の場合

育児休暇中も含めて、専業主婦の場合は何をするにも子供と常に一緒

特に一人育児だと片時も離れる時がありませんよね。

 

子供は可愛いけれど、こんな日々が永遠に続くのではないか、自分は何のためにやっているんだろうなどと感じてしまうほど。

子供が幼稚園に入れるようになるまでは自宅で育児をするわけですから、限界が来る前に対策をとるべきです。

 

共働きの場合

子供を保育園にあずけたくてもあずけられず、仕事に復帰できないママさんも多いです。

頑張って子供を保育園に入れることができたら、今度は仕事と育児・家事の両立が始まります

 

復帰直後は時短勤務かもしれませんが、保育園の準備から送り迎え、離乳食をあげたり寝かしつけたり、すんなり寝てくれたはいいけど頻繁な夜泣きなど、仕事で疲れたなんて言っている暇がありません。

それに加えて家事をこなさなければならないのですから、どう考えたって負担が大きすぎるということ。

 

やはり、どうにかして少しでも負担を和らげなければ、限界がきてしまうのは目に見えています。

一人育児を乗り切る5つの方法

一人育児は、家事も含めて全てを一人でやらなければならないわけですから、どうしたって疲れます。

そこで、少しでも負担を和らげるための5つの方法をお伝えしていきます。

 

周囲の人の手を借りる

周囲の人の協力を得られないから困っているのに・・・と思われるかもしれませんが、今一度ご自身の状況を整理してみましょう。

少しでも協力してくれそうな人を洗い出して、できるだけ話をしてみるのです。

 

一度話してダメでも、何度か根気強く話してみましょう。

私も何度も夫と話し、その度に少しずつ協力してくれるようになりました。

 

家事はできるだけ手を抜く

ママさんは育児だけに集中できないことが多いですよね。

家の掃除・毎日のように大人と子供の洗濯・食材の買い出しや料理など、育児だけでも忙しいのにそれに加えてこんなにやらなきゃならないなんて・・・

 

と、ため息が出てしまうこともしばしば。

ただ、やはり最優先したいのは育児ですから、家事に関してはできるだけ手を抜くことを考えましょう。

 

一口に手を抜くと言っても、悪いことのように考えずに“できるだけ楽な方法で時短する”ということ。

例えば、洗濯は干さなくても乾燥機で済ませたり、宅配弁当や生協などのサービスを利用するのも手。

 

以下の記事におすすめのサービスをまとめていますから、ぜひ確認してみてください。

参考:【0歳〜2歳】育児に疲れたらぜひ試してみるべき便利なサービス3選

 

一時保育を利用する

産休中や専業主婦のママさんは一時保育を利用してみましょう。

一時保育は、好きな時に必ず利用できるわけではありませんが、事前に申し込みを行えば、月に2回〜多ければ週に2回程度利用することができます

 

当然お金はかかりますが、利用することで半日〜1日の自由な時間を確保できますから、リフレッシュできることは間違いありません

私の場合、父の介護など他にもやることがありましたから、半日利用ですがかなり頻繁に利用していました。

 

ベビーシッターを利用する

ベビーシッターはまだまだ利用している人が少ないように感じますが、一時でも育児から離れることができる有効な手段です。

自分が家を空けてその間他の人が家にいると思うと・・・という風に感じる方もいるかもしれませんね。

 

それなら、家でみてもらっている間、自分は他の部屋にいるという利用方法もありかと思います。

数時間、子供から目を離して落ち着けるだけでも、すごく楽になるはずです。

 

一人の時間を確保する

家族に協力してもらったり一時保育を利用したりする最大のメリットは、やはり「一人の時間を確保できる」ことですよね。

仕事をしていれば、確かに一人の時間はあるのかもしれませんが、仕事中ですしリラックスして好きなことができるわけではありません。

 

育児中のママさんは一人の時間を確保することが本当に大事。

少しの時間でも一人になって好きなことができれば、つらいと感じている育児もまた頑張ろう! という気持ちもわいてくるものです。

 

まとめ

いかがでしたか。育児は毎日のことですし、思うようにいかないことが多いですから、それだけでも疲れてしまうもの。

それに加えて、周囲の人にほとんど協力してもらえない一人育児となると、「もう疲れた!限界!」と感じて投げ出したくなってしまいますよね。

 

子供は可愛いし愛しているから頑張りたいけれど、自分が心身ともに限界となってしまっては育児が満足にできなくなってしまいます

ですから、今回ご紹介した5つの方法を参考に、少しでも負担を和らげることができないかぜひ試してみてください。

 

気を張りすぎず、できるだけラクで楽しい育児「楽育」を目指しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です