赤ちゃんの夜泣きにイライラが限界!旦那は起きないし何か対策ないの?

「さっき寝かしつけたばっかりなのにもう泣いてる・・・」

「出産以来、まとまった睡眠が取れなくて日中もイライラする」

 

育児ってなにかとうまくいかずにイライラしてしまうことも多いですが、その中でも赤ちゃんの夜泣きに悩まされるママさんも多いのではないでしょうか

夜泣きはそれこそ一晩に何回もという場合もありますし、なんで泣いているのか分からず途方に暮れてしまうことも。

 

しかも旦那は全く起きてくれないし、それがまたイライラする。

毎日の睡眠不足で疲れが溜まり、肉体的にもかなりキツいですから、できるだけ夫婦で協力して乗り越えたいところ。

 

そこで今回は、赤ちゃんの夜泣きを乗り切るために夫婦で協力し合うことの大切さをお伝えします。

育児で手一杯で旦那とギクシャクしてしまわないためにも、ぜひチェックしてくださいね!

 

赤ちゃんの夜泣きにイライラが限界

新生児期〜生後6ヶ月くらい(長ければ1歳くらい)までは、多かれ少なかれ赤ちゃんの夜泣きがあるはずです。

赤ちゃんは最初から大人と同じような生活リズムがあるわけではないため、短いスパンでの授乳・睡眠を繰り返します

 

これがおよそ3時間周期と言われていますから、どうしたって短いスパンで起きてしまうわけです。

そして成長に伴って日中の活動も増えますから、徐々に睡眠もまとまって取れるようにはなってくるのですが、今度は周囲の状況が分かるようになってきます。

 

そうなると、ふとした瞬間にママがいない、ママの温もりを感じない寂しさから泣いてしまうということもあるよう

ただ、泣いたからと言って一概にそうだとは限らないようです。

 

赤ちゃんが寝ている時に泣く理由は?

繰り返しになりますが、赤ちゃんの睡眠周期は大人と異なりますから、最初のうちは短いスパンでの寝起きを繰り返します。

これは成長と共に寝る力が育ってくるので減っていくはず。

 

それ以外には、私たちが泣いていると思っているのが、案外赤ちゃんの「寝言や寝返り」だということも。

現に海外では夜泣きという言葉が無く、夜赤ちゃんが泣いてもほとんど見守るだけという国もあるのだそう。

 

そこまでは極端かもしれませんが、赤ちゃんの自立を促す意味でも、泣いたらすぐにあやさずに様子を見ることも必要なのです。

参考:赤ちゃんの夜泣きは放置していい!?夜泣きを見守る4つのコツとは?

起きない旦那にもイライラする

毎晩のように赤ちゃんの夜泣きに対応してるのに、旦那は全く起きてくれない! と不満に思っているママさんは少なくないようです。

中には、起きたかと思ったら「うるさいから早く寝かしつけてくれよ」なんて言われるケースもあるのだとか。

 

さすがにそれはひどすぎると思いますが、自分は育休中で旦那は仕事で疲れてるから仕方ない、とイライラをこらえてしまうママさんもいるのではないでしょうか。

これに関しては、夜泣きの対応だけでなく育児や家事全てを含めて協力し合っていくべきだということ。

 

そのためにも冷静な時に話し合い、大まかにでもルールを決めてみましょう。

 

夫婦で話し合う時のポイント

旦那に協力してもらうには夫婦間で話し合うことが大切ですが、できるだけ自分が冷静でいられる時にするのが得策。

例えば休日に子供がお昼寝したタイミングとか、両親などにちょっと見ていてもらえる時などですね。

 

正直なところ「2人の子供なんだしもっと接客的に協力してきてくれるのが当たり前!」という気持ちもあるかもしれません。

ただ、そこはツラくても少しこらえて、言い方や言葉には注意した方が旦那もよく話を聞いてくれるはずです。

 

そしてこちらの意見をはっきりと伝え、どのように協力し合っていくかを明確にしましょう。ここで決めたことはルールとしてしっかりと守るようにするのです。

1度の話し合いで無理に結論を急がず、お互い納得いくまで何度か話し合いましょう。

 

我が家も最初に具体的な内容が決まるまで5回は話し合いましたし、その後も娘の成長や生活サイクルの変化(保育園への入園など)に伴ってよく話し合っています。

最近では、それがチームで1つのミッションをクリアするような感覚で、お互いに楽しくなってきてすらいます。ではポイントをまとめておきますね。

 

  • 自分が冷静なタイミングを選ぶ
  • 言葉と言い方には気をつける
  • 意見は全てハッキリと伝える
  • 1度で結論を急がず何度も話し合う

まとめ

夜泣きはどんな赤ちゃんでも少なからずあるもの。

毎日細切れの睡眠での対応に、イライラが限界!と感じてしまうかもしれません。

 

そんな時はやはり夫婦間で話し合い、少しでもそのイライラを和らげて子供の成長を喜べるよう、協力し合える体制を作りましょう。

私も娘を育てている身として、旦那との協力は不可欠だと感じていますし、何度も話し合うことでお互い納得できていますから、今は前向きな気持ちしかありません。

 

ぜひ冷静な時に“生涯のパートナー”と話し合う機会を設けてみてください。

気を張りすぎず、できるだけラクで楽しい育児「楽育」を目指しましょうね。

参考:育児で夫にイライラしてしまうのはなぜ?夫と協力し合うための5か条

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です