育児中のストレス発散に買い物ってアリ?思わぬ浪費に気を付けて!

洋服、靴、アクセサリー、コスメ、美容グッズ、好きなものを買う時って、嬉しいしすごく幸せな気持ちになりますよね。

「日頃のストレス発散は買い物に限る!」 という方もいるのではないでしょうか。

 

それは育児のストレスについても例外ではないようです。

出産後、簡単に外出はできなくなったけど、たまに出かけた時はつい色々と欲しくなっちゃう。

 

外出しなくたって、ちょっとスマホをいじれば魅力的な商品がすぐに検索できてしまうんですよね。

私もネットショッピングの利用率は出産後にものすごく増えました。

 

ただ、育児のストレス発散のために、頻繁に買い物をしていると、思わぬ浪費になってしまうケースもありますから注意が必要。

今回は、買い物を浪費にしないためのポイントをまとめてみたいと思います。

 

育児のストレス発散に買い物はアリ?

育児のストレス発散に買い物をするというママさんは結構いるようです。

特に、妊娠前から買い物が好きだったママさんは、出産後は思うように外出できず、たまに行った買い物で爆買いしてしまうなんてことも。

 

もともとあまり買い物をしないママさんでも、日々の育児のストレスから通販にハマってしまい、買い物依存症のようになってしまうことすらあります。

それは極端な例ではありますが、翌月のカード請求額に驚いたり、衝動買いしてしまったものが家計を圧迫してしまうケースは少なくないようです。

 

育児はどうしてもストレスにが溜まりますから、適度な発散は絶対に必要。

なので、もちろん買い物をして発散するのもアリでしょう。

 

ただし、現実的な範囲での買い物に止めるということ。それ以外は他の方法で発散すべきです。

お金のある無いや金額に関わらず、買ったものが無駄になった瞬間に「浪費」となってしまいます

 

次章では浪費をしないための心構えをお伝えしていきます。

気をつけないと思わぬ浪費に!

買い物でのストレス発散は、気をつけないと思わぬ浪費になります。つまりは無駄使いということですね。

せっかくストレス発散ができたと思ったら「なんで買ってしまったのだろう・・・」と後悔して新たなストレスになってしまっては逆効果。

 

そうならないためにも、買い物の時に心がけておきたいポイントをまとめてみますね。

 

欲しいものと必要なものは同じではない

「コレ欲しい!」と思ったものを買った時ってなんとも言えない幸福感がありますよね。

ただ、「欲しいものと必要なものは同じではない」ということ。

 

ここで言う必要なものとは、歯ブラシや下着・冷蔵庫などの生活必需品ではなくて、“使うもの”のことであり、金額が高くてもこだわって使っているものです。

注意すべきなのは、年に1回も着るか着ないか分からない服や、ストックがあるのに買い足してしまう消耗品、全く食べずに腐らせてしまう食品など、明らかに必要ではないもの。

 

これを買ってしまうと、最終的にはそれが浪費になるのです。

 

買ったものを忘れない習慣をつける

「あっ、コレあったのにまた買っちゃった」とか「えっ! 全く同じのあるじゃん・・・」というようなことがあったら要注意!

確実に使う消耗品なら良いかと思いますが、それが洋服や美容グッズなどになってくると話は別。

 

つまり、物を手に入れることではなくて“買うこと”が快感になってしまっているということ。ひどくなると買い物依存症と呼べるケースです。

家族の貯金を使い果たしてしまったり、高額商品をクレジットカードで簡単に決済して後から後悔したりするというのは聞いたことがあると思います。

 

そこまでは稀かもしれませんが、一歩手前の予備軍であるママさんは多いのだそう。

簡単なメモをしておくなどでも良いので、買ったものを忘れない癖を習慣をつけましょう。

 

全てを買い物で発散しようとしない

買い物はママさんにとってストレス発散になるのは事実ですが、発散方法は他にもありますよね。

例えばマッサージに行ったり、ママ友と会って話したり、大好きなスイーツを食べたりといったことです。

 

育児のストレス発散を買い物だけで発散させるのではなく、適度に色んなことをすれば、間違いなく買い物に対する依存度は低くなります。

私の場合、もちろん買い物も好きですが、海外ドラマが好きなので、ちょっと時間ができたらHuluで観まくっていました。

 

できるだけ発散の手段をたくさん持っている方が良いですよ。中でも一人の時間は本当にリフレッシュできます。

参考:子育てに疲れた!一人になりたい!つらい育児疲れの解消法3選とは?

まとめ

いかがでしたか。今回は育児中のストレス発散のために買い物ってアリなの? という点について考えてみました。

そして思わぬ浪費になってしまわないためのポイントをまとめました。

 

買い物って楽しいですし、買い物をしないママさんはいないと思いますから、何かを買う時に今回の内容をちょっと思い出してみてください。

気を張りすぎず、できるだけラクで楽しい育児「楽育」を目指しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です